なぜ今青汁が人気なのか?

今や日本、いや世界中が健康ブームであるといえるでしょう。忙しさや生活習慣の変化などによって生活のリズムが乱れている人がたくさんいます。ストレスを感じることが多い、運動不足などが原因となり身体の調子を崩したり病気になったりした人たちが健康を取り戻したいと考えています。

食べ物は身体の基本

健康を得るためにはいろいろな方法がありますが、食べ物を見直すことも大切なポイントです。健全な身体を作るために、食べるものは非常に重要な要素となります。健康に役立つものを口にすることで、健康の維持が可能となるのです。特に日本人に指摘されるのが、慢性的な野菜不足です。肉中心の欧米的な食生活やファストフードの増加などによって、日頃の食事で野菜を摂る量はかなり少なくなっています。

厚生労働省では成人が1日に摂る理想的な野菜の量を350gとしていますが、実際には平均280gしか摂取できていません。神仙桑抹茶ゴールド 効果不足は生活習慣病の原因のひとつともされています。そこで、野菜不足を解消する健康食品として「青汁」が注目を集めているのです。

青汁の効果

青汁にはケールや大麦若葉、明日葉など豊富な栄養素を持つ原材料を用いています。これらには人間に必要な栄養素が豊富に含まれているだけでなく、抗酸化作用を持っています。抗酸化作用には健康な身体の維持を損なう活性酸素を排除する働きがあることからも、さらに青汁が高い評価を受けているのです。青汁は身体にいいとはいいますが、実際にどんな効果が期待できるのでしょうか。それには、花粉症を緩和したりコレステロール値の抑制や血栓症を予防したり、メタボリックシンドロームといった生活習慣病を抑えます。

さらに便秘の解消、アンチエイジング、ダイエット、肌質の改善などが挙げられます。この他にも間接的に効果を発揮するものもたくさんあります。ただし、これらの効果や効能は飲んですぐに現れるわけではありません。青汁を毎日摂り続けることによって体質を改善し、こういった効果を生み出すのです。また、早く効果を実感したいからと一度にたくさん飲んでも効き目がないどころか却って過剰摂取となって弊害が出ることもあるので、あくまでも決められた量を定期的に継続することが大切です。

青汁には錠剤タイプや粉末タイプ、液体や冷凍タイプなどいろいろな種類があります。原材料によって成分が異なりますし、製法や飲み方によっても味や飲み口が違います。たくさんの青汁製品の中から、これらを念頭に置いて自分が最も飲み続けやすいものを選ぶといいでしょう。

女性の願いを叶える青汁

「きれいになりたい」「スリムな体型でいたい」女性なら誰しもが願うことでしょう。でもなかなかそんな思いを叶えるのも難しいもので、気がつけばだんだんと体重は増えているし肌は衰えている…。

青汁できれいになる

化粧品でなんとかできたとしてもそれはあくまでも一時しのぎやごまかしです。昔から言われるように、美しさはやはり身体の中から作り出されるもののはずです。体質を変えなければ本質的な美しさを手に入れることは困難です。食生活の改善もそのための重要な要素ですが、現代は食の欧米化によって野菜不足と肉の摂り過ぎが問題となっています。その解決法のひとつとして、青汁を飲むことがあります。

青汁のメリットは、野菜の栄養素をしっかり摂ることができるという点です。そして、粉末や錠剤、冷凍などいろいろなタイプの商品があるので、自分のライフスタイルに合わせて自分にあったものが見つけやすいというのも挙げられます。青汁の原材料にはいろいろありますが、それによって栄養素が異なりますし効果も違います。ここでそれらについて、紹介しておきましょう。

青汁の美の栄養素

まず、ビタミンA、C、Eはほとんどの原材料に含まれており、抗酸化作用に優れています。食物繊維も豊富で、肌荒れの原因となる便秘の解消に効果的です。この他にさまざまなビタミンやミネラルはほとんどの商品に豊富に含まれています。カルコンというフラボノイドの一種は明日葉のみが持つ特有成分です。カルコンは抗菌や抗炎症といった作用の他、脂肪を燃焼させるサポートをするので特に内臓脂肪の減少や老廃物の排出効果が期待できるので、ダイエットや肥満対策にもおススメです。

アンチエイジングや美肌・美白のサポートを期待するなら、SOD酵素という抗酸化物質を含む大麦若葉がいいでしょう。肌荒れやニキビ、シミ、そばかすなどの肌トラブルは活性化酸素が原因となるので、その阻止にはSOD酵素が効きます。大麦若葉に豊富に含まれるビタミンEは血流を良くして新陳代謝を高めるのでターンオーバーの活性化が期待できます。

さらにビタミンCの抗酸化作用が活性酸素をやっつけて身体の劣化を防止してくれるだけでなく、肌を構築しているコラーゲンの合成をも手伝ってくれるので美肌の生成にも効果アリです。。青汁は飲み続けることが肝心、だからこそ自分に合ったものを探し出さなければなりません。そのためには、どの原材料が自分の希望する効果や効能をもたらしてくれるのかを知る必要がありますよ。「青汁なんでどれでも同じ」ではないのです。